「伊藤詩織さん」と「山口敬之元TBSワシントン支局長」が東京高裁で直接向き合った中身


「伊藤詩織さん」と「山口敬之元TBSワシントン支局長」が東京高裁で直接向き合った中身
「伊藤詩織さん」と「山口敬之元TBSワシントン支局長」が東京高裁で直接向き合った中身
 ジャーナリストの伊藤詩織さん(32)が元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(55)に対し、1100万円の損害賠償を求めている訴訟。その控訴審の第1回口頭弁論が9月21日、東京高裁で開かれた。法廷では両者が直接対峙し、それぞれから意見陳述があった。

 山口氏にレイプされたと主張する伊藤さんは時折、涙に声を詰まらせながらも、以下のように冒頭意見を述べた。

「事件が起きてから、6年が過ぎました。この裁判を始めてからは約4年経ちます。2015年、事件当時の私は、必死にバイトをして貯めたお金で海外の学校に通い、ずっと夢を見ていたジャーナリストの仕事がスタートし、毎日ワクワクしながら仕事に出かけていた25歳でした。当時はその後の20代を裁判に費やすとは想像もしていませんでした。事件と向き合う中で、自分の身に起こったことを、司法や社会がどう判断するのかを目の当たりにしてきました。精神的に痛めつけられ、攻撃されることの繰り返しでした。しかし“真実と向き合った”という事実は私の人生でとても大切なことだったのだと思います」

「逮捕状握り潰し」については? 
 伊藤さんはさらにこう続けた。

【日時】2021年09月22日 
【ソース】デイリー新潮